いせひでこ絵本原画展「小さなものたちの大きな世界」

2017年7月21日(金)~9月19日(火)

【展示作品】
『『ねぇ、しってる?』 かさいしんぺい/作 いせひでこ/絵 (岩崎書店)2017年5月発売
『グレイのものがたり』いせひでこ/作 (中央公論新社)2017年6月22日発売予定
『あの路』山本けんぞう/文 いせひでこ/絵 (平凡社)
 
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image

ネコたち大活躍絵本原画展

2017年9月22日(金)~11月14日(火)

【展示作品】
『ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス』
『ルッキオとフリフリ おやしきへいく』 以上、庄野ナホコ/作 (講談社)
『ふしぎな国のおともだち』 江口光興/作 (銀の鈴社)
『どんぐりと山猫』宮沢賢治/作 高野玲子/絵(偕成社)
 
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image

『きみへのおくりもの』絵本原画展

2017年11月17日(金)~2018年1月23日(火)

【展示作品】
『きみへのおくりもの』刀根 里衣/作(NHK出版)
 
 
《同時展示》

森のおうち所蔵絵本原画展

【展示作品】
バーナデット・ワッツ
 
Responsive image
Responsive image

遠野のおはなし絵本原画展

2017年5月19日(金)~7月18日(火)

【展示作品】
『ざしき童子のはなし』宮澤 賢治/作 小林 敏也/画(好学社)
『雨ニモマケズ』宮澤 賢治/作 小林 敏也/画(好学社)
『ざしきわらし』柳田国男/原作 京極夏彦/文 町田尚子/絵(汐文社)
『まよいが』柳田国男/原作 京極夏彦/文 近藤薫美子/絵(汐文社)
 
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image

いろんなのりもの絵本原画展

2017年3月17日(金)~5月16日(火)

【展示作品】
『おたすけこびととハムスター』なかがわ ちひろ/文 コヨセ・ジュンジ/絵 (徳間書店)
※絵本に登場する木製カラフル回し車の実物(なかがわちひろ/作)も展示
『こうじのくるま』コヨセ ジュンジ/さく (WAVE出版)
「バイクのイラスト」
柿本幸造●初期の油絵タブロー(昭和20年代日産自動車カレンダー原画など)
『柿本幸造 絵本画集 ひだまりを つくるひと』より「わんたのしごと」(学研)
 
「のりもの」と一言でいっても電車や自動車、飛行機など様々です。今回は、さらに絵本の中ならではの実際にはない楽しいのりものもご紹介した、男の子も女の子も、ご両親も、おじいちゃん・おばあちゃんもみんなで楽しめる展示です。
 柿本幸造の作品は、ロングセラー絵本『どうぞのいす』や、小学校教科書に長年掲載されている『くじらぐも』の挿絵など、誰もがどこかで目にしたことのある、子どもたちの目線に立ったやさしい画風です。特に今回は、昭和20年代の日産自動車カレンダー用の油絵など、初期のなつかしく夢のあふれる原画を公開致します。写実的な車と可愛らしい童画のどうぶつたちが同一画面で繰り広げるわくわくする世界をぜひご覧下さい。
 また、人気絵本「おたすけこびと」シリーズの絵を担当するコヨセ・ジュンジは、メカニックが大好きです。工事現場で使われている特殊な車の詳細や使い方が楽しく分かる、コヨセ/作の『こうじのくるま』の大きな原画は、子どもはもちろん、大人でも初めて知る部分がある見所が多い展示となっています。
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image
Responsive image

浜昌平 絵画展「ぼくのお気に入りたち」

2017年1月27日(金)~3月14日(火)

【展示作品】
浜昌平の絵画40点あまり
 
 
《同時展示》

森のおうち所蔵絵本原画展

【展示作品】
『水仙月の四日』宮沢賢治/文 いせひでこ/絵 (偕成社)
『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』 デリア・カンセラ/絵
『白雪姫』山本容子/絵
 
Responsive image

まるやまあやこ絵本原画展

2016年11月18日(金)~2017年1月24日(火)

【展示作品】
こどものとも『かすみのどんぐり』征矢 清/文 まるやま あやこ/絵(福音館書店)
『さきちゃんのくつ』そうまこうへい/文 まるやまあやこ/絵(フレーベル館)
『そっと』瀧村 有子/文 まるやまあやこ/絵(PHP研究所)
 
安曇野市穂高出身の絵本作家まるやまあやこの2015年~2016年に発刊された新作絵本2作品の全点と、その他作品の抜粋原画を展示します。子どもの成長へのやさしい眼差しを感じる細やかなタッチと色彩は、ぜひ原画でご覧頂きたい作品です。
 
《同時展示》

森のおうち所蔵バーナデット・ワッツ絵本原画展

【展示作品】
『マッチ売りの少女』アンデルセン/作 バーナデット・ワッツ/絵
『くつやのマルチン』 トルストイ民話 バーナデット・ワッツ/絵 (西村書店)
『こまったクリスマス』ラッセル・ジョンソン/文 バーナデット・ワッツ/絵
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image
Responsive image

出久根育絵本原画展

2016年9月16日(金)~11月15日(火)

【展示作品】
『ひのきとひなげし』宮沢賢治/作 出久根 育/絵(ミキハウス)
『もりのおとぶくろ』わたり むつこ/作 出久根 育/絵(のら書店)
『こうさぎと4ほんのマフラー』わたり むつこ/作 出久根 育/絵(のら書店)
 
《同時展示》

森のおうち所蔵宮沢賢治絵本原画展

 
出久根育は、武蔵野美術大学卒業後、2002年からチェコ・プラハで暮らしながら、2003年にBIB(ブラティスラヴァ世界絵本原画展)のグランプリ受賞、2006年に日本絵本大賞受賞など、絵本や挿絵を中心に活躍しています。また、両国で個展を開き、古典技法のテンペラをはじめとし、様々な技法の作品を精力的につくり続けています。
 今回展示の『ひのきとひなげし』は、出久根が絵本として初めて手掛けた宮沢賢治童話です。「本当の美しさとは何か」を諭す宮沢賢治の哲学的なお話を、複雑な色合いを上手に配置し、自然の美しさと、愚かな心持ちに潜む闇、時の経過の残酷さを表現しています。賢治の言葉と絵が見事にあいまって、見ている人の心に染みこみ、深く考えをめぐらせることのできる絵本です。
 また、4匹のこうさぎきょうだいの春夏秋冬4つの素敵な出会いと出来事を描く「こうさぎ絵本」シリーズの、春の物語『もりのおとぶくろ』と、冬の物語『こうさぎと4本のマフラー』は、子どもたちに大人気の絵本です。画家が暮らしている、チェコの風景や暮らしの取材を重ねて、作品の中に上手に登場させています。この展示では、画家がどの場所や物をモチーフにしたのか、こうさぎたちの取材レポートもご紹介します。
 同時に、『ひのきとひなげし』にあわせて、より宮沢賢治の物語世界への理解を深めていただけるよう「所蔵宮沢賢治絵本原画展」として、当館所蔵いせひでこの描いた賢治童話絵本の原画を展示致します。
Responsive image
Responsive image
Responsive image

いせひでこ絵本原画展

「子どもたちよ 子どもたちよ」

2016年7月22日(金)~9月13日(火)

【展示作品】
『幼い子は微笑む』 長田弘/文 いせひでこ/絵 (講談社) 2016年2月刊行
『こぶしのなかの宇宙』いせひでこ/絵と文(平凡社) 2016年7月刊行予定
「絵本の中の子どもたち」~(以下、抜粋展示)
 『にいさん』、『1000の風 1000のチェロ』(以上、偕成社)、
 『あの路』(平凡社)、『最初の質問』(講談社)、
 『かしの木の子もりうた』(岩崎書店)、『おさびし山のさくらの木』(BL出版)」
あかちゃんのスケッチ、タブロー「5歳の風」、他
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image

はたこうしろう&おーなり由子 ふたり展

2016年5月20日(金)~7月19日(火)

【展示作品】
『なつのいちにち』はたこうしろう/作 (偕成社)
『ぼくはうちゅうじん』中川ひろたか/作 はたこうしろう/絵 (アリス館)
『あかちゃんがわらうから』おーなり由子/作 (ブロンズ新社)
『ことばのかたち』おーなり由子/作 (講談社)
 
4冊の絵本原画ほぼ全てをページを追うように並べ、お話を読みながらご覧いただけます。  はたこうしろうの描く絵本は、子どもたちの目線にたった表情豊かで愉快な作風です。特に2004年初版より衰えることのない人気絵本『なつのいちにち』は、子どものだれもがするであろう新しい体験を通して少年が成長する姿が描かれています。色の組み合わせや効果を徹底的に学び、色に関する趣味を全く捨てることによって生み出される、“色のハーモニー”を原画でお楽しみ下さい。  おーなり由子は、女性らしい優しさと強さを持つ母親ならではの視点で創った絵本が特徴です。展示では、絵はおもいっきり描き、絵本の構成デザインは繊細にバランスを考えたい作者が、どのように絵本の創作をしているかも知って頂けるものとなっています。
Responsive image
Responsive image
Responsive image
Responsive image

いせひでこの宮沢賢治絵本原画展

2016年3月18日(金)~5月17日(火)

【展示作品】
『ざしき童子のはなし』 宮沢賢治/文 いせひでこ/絵 (講談社)
『よだかのほし』宮沢賢治/文 いせひでこ/絵 (講談社)
『風の又三郎』宮沢賢治/文 いせひでこ/絵 (くもん出版)
『水仙月の四日』宮沢賢治/文 いせひでこ/絵 (偕成社)
長編詩『小岩井農場』心象スケッチタブロー 〈新作〉
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image
Responsive image

森のおうち所蔵絵本原画展

2016年1月29日(金)~3月15日(火)

【展示作品】
デリア・カンセラ/絵●『シンデレラ』『不思議の国のアリス』
バーナデット・ワッツ/絵●『マッチ売りの少女』『リサの小さなともだち』他
ユノセイイチ/画●『貝の火』
あべ弘士/画●「どうぶつカレンダー」
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image
Responsive image

震災で消えた小さな命展Part3

2015年11月20日(金)~2016年1月25日

 
東日本大震災だけでなく、ここ数年の大きな災害で、 家族同様の動物を亡くされた方からの申込みをもとに 絵本作家やイラストレーターが描いた原画展
 
<日本の作家(73名)>
青木くるみ 、市居みか 、イングリット・フジコ・ヘミング 、うさ 、大竹雄介 、おおやぎえいこ 、大野隆司 、 尾崎曜子 、おぼまこと 、かさいまり 、かわかみ味智子 、加納果林 、北沢優子 、 北田浩子、きたむらさとし 、木村直代 、くまごろ 、栗原 徹 、小泉るみ子 、コクリコ 、コダカヒロコ、琴坂映理、 今野雅彦 、さくらい史門 、篠崎三朗 、しのづかゆみこ 、柴田亜樹子 、シブヤユウジ 、白石佳子 、菅沼晶子 、たかぎなまこ 、たかしまなおこ 、タカタカヲリ 、たかむらゆき 、谷村あかね、垂石眞子、つるみゆき 、田幸樹枝 、どいかや 、どいまき 、TOMOYAARTS 、Doramay 、中村猛、中村太樹男、ナカムラユウコウ 、夏目尚吾 、鯰江光二、猫野ぺすか、野村雅美、はせがわかこ、長谷川京平、浜田桂子、平澤貴也、ひらてるこ、ひろかわさえこ、福田岩緒、藤井啓誌、藤本四郎、星野博美、本間裕美、松井しのぶ、松田朋子、まつやまけいこ、目羅健嗣、森川百合香、森田あずみ、矢田裕子、山田花菜、山中翔之郎、山本祐司、ゆーちみえこ、よこたしょうこ、よしざわけいこ、渡部ゆか(敬称略・50音順)

<海外の絵本作家(4名)>
台湾:曹俊彦・陳韻如 韓国:張 連秀 アメリカ:SuZen (敬称略)
 
◆同時展示◆

小児科医・江口みつおき絵本原画展

【展示作品】
『チーコのくれた宝物~こねこの物語』江口みつおき/文・絵 (銀の鈴社)
 
いのちあるものにいつか訪れる別れ。
目の前から消えても、思い続ければ、ずっーと心の中で生き続ける。(江口みつおき)
Responsive image
Responsive image

柿本幸造生誕100年記念原画展

2015年9月18日(金)~11月17日(火)

【展示作品】
『どうぞのいす』 柿本幸造/絵 香山美子/作 (ひさかたチャイルド)
『じゃむじゃむどんくまさん』柿本幸造/絵 蔵冨千鶴子/作 (至光社)
『柿本幸造 絵本画集 ひだまりを つくるひと』(学研)2015年9月上旬発売予定
 
教科書の挿絵や「よいこのくに」(学研教育出版)、ロングセラー絵本『どうぞのいす』(ひさかたチャイルド)、30数年間つくり続けられ、親しまれてきた「どんくまさん」シリーズ(至光社)などで、誰もが目にしたことのある絵を描いた画家・柿本幸造の生誕100周年を記念した原画展。大人にはなつかしく、子どもたちにはやさしい心を育むおすすめ絵本にふれる機会に。『どうぞのいす』、『じゃむじゃむどんくまさん』を全点展示。また、学研より刊行予定の生誕100年記念の画集に掲載のなつかしい月刊誌掲載の原画も多数展示します。
Responsive image
Responsive image
Responsive image

いせひでこが描く「森のおうちの森」展

2015年7月24日(金)~9月15日(火)

【展示作品】
「森のおうちの森」、
『おさびし山の さくらの木』 宮内婦貴子/文 いせひでこ/絵 (BL出版)
※2015年3月発売
 
「木(自然)との共存・いのち・子どもの成長」をテーマに創作している人気絵本作家・いせひでこが、1998年から足を運び続けてきた「森のおうち」が佇む安曇野の森を描いた新作絵画、また、森のおうちの周りの風景が登場する新刊絵本『おさびし山の さくらの木』 (宮内婦貴子/文 BL出版刊、2015年3月刊)の原画を全点発表致します。他に、東日本大震災以来向き合ってきた福島県の亘理吉田浜のクロマツなどの絵画、スケッチなどもご覧いただけます。自然に対しても、人に対しても“心”を大切にする作家の目から見た森とは、どんなものか。世代をわたって引き継いでいく自然の姿について考える機会にして頂ければ幸いです。
Responsive image
Responsive image

謡おう、わらべうた絵本原画展

2015年5月22日(金)~7月21日(火)

【展示作品】
『あがりめ さがりめ』ましませつこ/絵(こぐま社)
『あぶくたった』さいとうしのぶ/構成・絵(ひさかたチャイルド)
『おべんとうばこの うた』さいとうしのぶ/構成・絵(ひさかたチャイルド)
 
◆同時展示◆

森のおうち所蔵不思議の国のアリス展

【展示作品】
『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』ルイス・キャロル/作 デリア・カンセラ/絵
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image
Responsive image

わんとにゃん絵本原画展

2015年3月20日(金)~5月19日(火)

【展示作品】
『おいぬさま』荒戸里也子/作(白泉社)
『しばわんこの四季の庭』川浦良枝/作・絵(白泉社)
『どんぐりと山猫』宮沢賢治/作 高野玲子/絵(偕成社)
『ルッキオとフリフリ おおきなスイカ』庄野ナホコ/作(講談社)
 
私たちの家族であり、かけがえのない存在となっている犬や猫をテーマにした絵本原画展です。犬や猫の特徴をよくとらえて描いていて、原画として見応えのあるもの、内容も楽しく親しみの持てる絵本を選びました。1冊の絵本をめくるように原画をご覧頂きたいので、基本は全点展示に致します。
●『おいぬさま』は奇想天外な江戸絵巻。犬を飼っている人なら「うちの犬もこんな表情する!」というリアルな仕草と、その犬に翻弄される人々の様子が笑えるストーリーで、第2回MOE絵本グランプリ受賞作。
●『しばわんこの四季の庭』では、絵本やアニメの「しばわんこ」シリーズで大人気、柴犬のしばわんこと三毛猫のみけにゃんこが春・夏・秋・冬と季節に合わせて、すてきなお庭づくりに挑戦します。絵本として読んでも楽しめる上、実用的なガーデニング入門知識も盛りだくさんの絵本です。
●『どんぐりと山猫』は、山猫から裁判の手助けをたのまれた一郎が、山の奥の草地で、どんぐりたちのもめごとを解決する幻想的な宮沢賢治作品。猫が大好きな高野玲子の描く山猫が人気です。
●『ルッキオとフリフリ おおきなスイカ』は、猫のルッキオとフリフリが、大きなスイカを売って刺身を手に入れようとするのですが、うまくいかず…。すこしシュールな魅力がある一冊で、猫好きにはたまりません。
 
Responsive image
Responsive image
Responsive image
Responsive image
Responsive image

マッチ売りの少女

バーナデット・ワッツ
現在活躍中のイギリスの女流作家。
アンデルセンの「 マッチ売りの少女 」をはじめ、グリムの「 赤ずきん 」などたくさんのすぐれた絵本があります。
(マッチ売りの少女他20点所蔵)
Responsive image

鏡の国のアリスよりファースター!ファースター!

デリア・カンセラ
おしゃれで、たくみな心理描写のできるすぐれたイラストレーターです。
(「不思議の国のアリス」、「シンデレラ」他30点所蔵)
Responsive image

宮沢賢治詩集“雨ニモマケズ”より

小 林 敏 也
青梅の「山猫あとりゑ」より「画本宮澤賢治シリーズ」(好学社)を発信中。
すぐれた賢治の画き手です。
(雨ニモマケズ 全作品所蔵)
その他賢治の作品では次のものを所蔵しています。
高野玲子「どんぐりと山猫」「注文の多い料理店」「土神と狐」全作品
鈴木靖将「イメージ 銀河鉄道の夜」など3点
油野誠一「貝の火」 15点
タブロー作品
あべ弘士、いせひでこ、鈴木靖将、、高橋義治、レイモン・ペイネ、他
※所蔵原画は常設ではありません。現在の展示は「Exhibition」をご覧下さい。