News

いせひでこトーク&佐藤光チェロコンサート

チェロの兄弟

いせひでこ



北海道から東京に転居してきた13歳の夏、初めて出会ったチェロ。
師は、パブロ・カザルスに師事された初めての日本人チェリスト、佐藤良雄先生だった。
奏法だけではなく、けして叱らない、いいところを褒める、くり返し弾いて気づかせる、 レッスンは、生涯「平和のために」弓を持つことを貫いた、カザルスの教えそのものだった。
先生のご自宅でのレッスン、私が「キラキラ星」を学ぶその横で、三男の光さんは、もう バッハの無伴奏をベラベラ弾いていた。(11歳だった) カザルスの子どもとして、私は佐藤家の兄弟のように育てられた。

でも、私は18歳で芸大の絵の方に進み、チェロをやめてしまった。
2年後、芸大の音楽学部に光さんが入ってきて、あっというまに芸大を卒業、 渡仏すると、パリ管の初の日本人チェリストとして活躍され、現在に至っている。

絵本の仕事をしながら、好きなチェロを独学でつづけていた私は、ある日気づいた。
自分の感受性も想像力も、実は少女時代のチェロで育てられていたと。
リュックを背負ってひとり、カザルスの亡命の地カタロニアへ向かった。
36歳__私は再び、チェロの教室の門をたたいた。
現在の師は、光さんの弟で、佐藤家四男の満先生だ。(出会ったときは8歳だった!)
故良雄先生の音楽と精神を子どもたちに伝える教え方は、やはりカザルスそのものだったから、
安心して再びチェロにもどっていけた。
佐藤良雄先生ご一家から教えていただいたことと、チェロの兄弟として育てられたことは、 私の絵本にも大きな影響を与えつづけたと思う。
絵本『チェロの木』のラストで、主人公の少年は大人になって、チェロを教える道を選ぶ。
それは、佐藤先生ご一家との長い交流の歴史の中から、生まれるべくして生まれた チェロの物語だと、しみじみ思う。

今夏、
安曇野の森のおうちの原画展では、
満先生と12人のカザルス会メンバーのチェロが、(8/15)
光さんのチェロが響き渡る。(9/5)
2017年9月5日(火)
16:30開場
17:30~いせひでこトーク
18:00~チェロコンサート
出演●いせひでこ
演奏●チェリスト:佐藤光
   ピアノ伴奏:スザナ・バルタル

大人●前売4000円(入館料込・当日4500円)
申込●お申込はお電話で。定員100名(予約優先)
   TEL 0263-83-5670(受付時間9:00~17:00)
 ※6月26日より予約受付を開始します

【チェロコンサート プログラム】
シューマン:アダージオとアレグロ
フォーレ:チェロソナタ第2番
ショパン:チェロソナタ
写真
いせひでこ●プロフィール
画家、絵本作家。13歳まで北海道で育つ。スケッチの旅を重ね、木と子どもをめぐる創作絵本を制作し続けている。創作童話に『マキちゃんのえにっき』、絵本に『ルリユールおじさん』『1000の風1000のチェロ』『にいさん』『絵描き』『大きな木のような人』『まつり』『あの路』『チェロの木』『かしの木の子もりうた』『おさびし山のさくらの木』『木のあかちゃんズ』『わたしの木、こころの木』など多数。長田弘 詩の絵本に『最初の質問』『幼い子は微笑む』、エッセイに『グレイのものがたり』『カザルスへの旅』『七つめの絵の具』『パリからの手紙』など多数。
チェリスト●佐藤光(さとう ひかる)
東京生まれ。5歳の時から、日本で最初のカザルスの弟子となった父・佐藤良雄にチェロの手ほどきを受ける。1973年に渡仏。1979年、名門パリ管弦楽団に初めての日本人として入団し、現在に至る。パリ弦楽四重奏団創立メンバー。
ピアニスト●スザナ・バルタル(Suzana Bartal)
ルーマニア・ティミショアラ生まれ。早くから才能を開花させ、各国のコンクールでも優秀な成績をおさめる期待の若手ピアニスト。2016年春には初のアルバム「Suzana Bartal plays Schumann」をリリース。各国で好評を得ている。
<安曇野アートラインサマースクール参加事業>
<長野県地域発元気づくり支援金活用事業>