News

柳田邦男 講演会「絵と音楽、そして人生」&カザルス会コンサート

~12人のチェリスト達のコンサート
チェロの兄弟

いせひでこ



北海道から東京に転居してきた13歳の夏、初めて出会ったチェロ。
師は、パブロ・カザルスに師事された初めての日本人チェリスト、佐藤良雄先生だった。
奏法だけではなく、けして叱らない、いいところを褒める、くり返し弾いて気づかせる、 レッスンは、生涯「平和のために」弓を持つことを貫いた、カザルスの教えそのものだった。
先生のご自宅でのレッスン、私が「キラキラ星」を学ぶその横で、三男の光さんは、もう バッハの無伴奏をベラベラ弾いていた。(11歳だった) カザルスの子どもとして、私は佐藤家の兄弟のように育てられた。

でも、私は18歳で芸大の絵の方に進み、チェロをやめてしまった。
2年後、芸大の音楽学部に光さんが入ってきて、あっというまに芸大を卒業、 渡仏すると、パリ管の初の日本人チェリストとして活躍され、現在に至っている。

絵本の仕事をしながら、好きなチェロを独学でつづけていた私は、ある日気づいた。
自分の感受性も想像力も、実は少女時代のチェロで育てられていたと。
リュックを背負ってひとり、カザルスの亡命の地カタロニアへ向かった。
36歳__私は再び、チェロの教室の門をたたいた。
現在の師は、光さんの弟で、佐藤家四男の満先生だ。(出会ったときは8歳だった!)
故良雄先生の音楽と精神を子どもたちに伝える教え方は、やはりカザルスそのものだったから、
安心して再びチェロにもどっていけた。
佐藤良雄先生ご一家から教えていただいたことと、チェロの兄弟として育てられたことは、 私の絵本にも大きな影響を与えつづけたと思う。
絵本『チェロの木』のラストで、主人公の少年は大人になって、チェロを教える道を選ぶ。
それは、佐藤先生ご一家との長い交流の歴史の中から、生まれるべくして生まれた チェロの物語だと、しみじみ思う。

今夏、
安曇野の森のおうちの原画展では、
満先生と12人のカザルス会メンバーのチェロが、(8/15)
光さんのチェロが響き渡る。(9/5)
写真
2017年8月15日(火)
15:00~柳田邦男講演
16:00~原画鑑賞
16:30~チェロコンサート

【コンサート プログラム】
 ヘンデル作曲:パッサカリア
 クレンゲル作曲:讃歌
 パッフェルベル作曲:カノン 他

大人●2000円(入館料込)
申込●お申込はお電話で。要予約(定員50名)
   TEL 0263-83-5670(受付時間9:00~17:00)

 ※6月26日より予約受付を開始します
写真
柳田邦男(やなぎだ くにお)●プロフィール
ノンフィクション作家。人生後半になって、絵本に秘められた深い文学性、芸術性を再発見して以来「大人こそ絵本を」「ケータイより絵本を」「絵本は子育てのバイブル」などのキャッチフレーズを掲げ、エッセイや全国各地への講演行脚で語りかけている。著書多数。絵本の翻訳も多数。
カザルス会主宰:佐藤満(さとう みつる)●プロフィール
カザルスに師事した父、佐藤良雄にチェロの手ほどきを受ける。1972年父の助手として才能教育研究会で指導にあたり、1977年より佐藤良雄氏がカザルスの演奏法、音楽解釈を伝えていたカザルス会を継ぎ、現在に至る。アンドレ・ナヴァラに師事。1987年パリ エコール ノルマル ドゥ ミュジーク卒。